2010年04月06日

春の園遊会 浅田真央さんら2501人を招待(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下が主催される「春の園遊会」が東京・元赤坂の赤坂御用地内で今月15日に開催されることが決まり、宮内庁は招待者の名簿を発表した。バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子の銀メダリスト、浅田真央選手と、男子で銅メダルを獲得した高橋大輔選手らが招待された。

 今春の招待者は各界の功労者や国会議員、その配偶者ら計2501人。スポーツ界からは両選手以外にも、スピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎選手ら、バンクーバー五輪のメダリスト全員が含まれている。

 このほか、落語家の桂米朝さん、歌舞伎俳優の坂田藤十郎さん、女優の松坂慶子さん、小説家の宮尾登美子さん、テレビキャスターのみのもんたさんらも招かれた。

【関連記事】
放浪記公演中止 森光子さん「毎日毎夜考え悩んだ」
橋下知事「上村愛子さん、悲願のメダルを」
白鵬、白星発進も大失態…「せり上がり」忘れた
「秋の園遊会」に森光子さんら招待 宮内庁が発表
英女王陛下、人気の秘密は?

自白の裏付け不足を自己批判…足利事件で警察(読売新聞)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)
預保料率下げ、要望あれば検討=亀井担当相(時事通信)
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」(産経新聞)
【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
posted by オカノ ヒデヒコ at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は26日、新年度の人事異動を発表し、50歳代の男性職員を2年連続で降格にした。

 昨年春の男性の降格について、市公平委員会は違法として異動を取り消す判定をしており、それを無視する人事となっている。

 男性は昨年4月、課長級から課長補佐級に降格。今回の4月1日発令の異動で、さらに決裁権のない主幹兼係長に格下げとなった。給与は現在と同じだという。

 男性は読売新聞の取材に「ショックです。今後どうすれば良いのか、何も考えられません」と話した。

 市総務課は「何もお答えできない」としている。

 昨年の異動では10人が降格となり、うち男性を含む3人が「理由がないまま不利益な処分を受けた」と、市公平委員会に撤回を申し立てた。同委員会は今年2月、「市は必要な手続きを行っておらず、法令、条例に違反した降格」と3人の役職を元に戻す判定をしたが、市側は応じていない。

1人で操縦OK、軽量水中ロボで琵琶湖保全(読売新聞)
副操縦士からアルコール、福岡発全日空便に遅れ(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>逮捕の元従業員労働条件に不満 中国発展の影、格差のひずみ (毎日新聞)
郵貯限度額2千万で決着…亀井・原口案が軸(読売新聞)
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査(医療介護CBニュース)
posted by オカノ ヒデヒコ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

移設先、陸・空分離は受け入れ困難…米司令官(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】ウィラード米太平洋軍司令官は25日、ワシントンで記者会見し、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「陸上部隊は常に、訓練場や戦場に彼らを運ぶ能力を持つ空輸部隊と一緒に駐留するというのが、海兵隊の運用概念だ」と述べ、海兵隊という部隊の性格上、陸上部隊と空輸部隊を分散したり、沖縄県外にヘリ訓練を移したりする案が提案された場合、受け入れるのは困難だとの考えを示した。

 日本政府は県外での訓練を大幅に増やす方向とされているほか、検討中の米軍キャンプ・シュワブ陸上部に500メートル級の滑走路を造る案は、ヘリと飛行機の機能を兼ね備えた垂直離着陸機「MV22オスプレイ」が将来的に沖縄海兵隊に導入された場合、陸上部隊とオスプレイ部隊が離れて駐留する可能性があるとされる。

 同司令官は「現行案が最善の選択肢だ」と強調した。

22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
<拉致問題>法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出(毎日新聞)
皇太子ご一家、長野でご静養(産経新聞)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
posted by オカノ ヒデヒコ at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。