2010年04月21日

鳩山政権「命続くかどうか」=普天間、県外移設を疑問視−渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、都内で講演し、鳩山政権について「誕生から7カ月。あのとき大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これから褒めてもらっても命が続くかどうか」と述べ、先行きに強い懸念を示した。
 渡部氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に触れ、「政権が代わったから(自民党政権での合意は)パーということになったら、国際政治は成り立たない。(日米で合意した移設先を)全然別なところに持っていけると考えていた人たちが間違いだ」と述べ、昨年の衆院選で県外移設を目指すとした鳩山由紀夫首相の判断は誤りとの認識を示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
<普天間移設>徳之島に政府打診 3町長は会談拒否(毎日新聞)
堺男児死亡 逮捕の男、怖くなり逃げ出す 母親の元同僚、内縁関係(産経新聞)
<たちあがれ日本>参院選候補者を公募(毎日新聞)
沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)
posted by オカノ ヒデヒコ at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

多重債務過払い金、事務員が交渉か 司法書士事務所を告発(産経新聞)

 多重債務者の過払い金返還のテレビCMなどで知られる司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)で無資格の事務員が法務事務をしたとして、大阪弁護士会が、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、事務所の運営法人「アヴァンス・リーガルサービス・グループ」と所属の司法書士や事務員計5人を大阪府警に告発していたことが8日、分かった。

 弁護士会によると、同事務所は平成19年12月〜20年6月、資格がない事務員が事務所所属の司法書士の名義を使って多重債務者の女性の任意整理手続きを代行し、報酬として約33万円を受け取ったなどの疑いが持たれている。

 大阪司法書士会などによると、事務所は19年6月に設立され、司法書士12人が在籍。テレビCMや電車などの広告で顧客を集めて多数の事件を受任しており、司法書士会も昨夏以降、事務所の代表から、司法書士による適正な業務ができているか事情聴取するなど調査を続けていたという。

 アヴァンス法務事務所の副代表司法書士(25)は「詳しい内容を把握しておらず、事実関係を確認したいが、きちんと法律にのっとって業務をしている」と話した。

【関連記事】
消える貸金業者…借りたくても借りられない
司法書士が着服 富山、債務処理で和解書を改ざん
改正貸金業法PT、完全実施控え議論平行線
消費者金融めぐり…業界、利用者、弁護士がバトル
「コード71」って何? 「過払い金請求者」大モメ

抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK(医療介護CBニュース)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
【アニマル写真館】「カリフォルニアアシカ」京都市動物園(産経新聞)
<足利事件>栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
posted by オカノ ヒデヒコ at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)

 打撲した場合などに痛む場所を「さする」という動作には、傷ついた神経回路を修復する効果があるとの研究結果を、群馬大大学院の柴崎貢志講師(分子細胞生理学)らがまとめた。柴崎講師は「さする行為には、神経再生を促そうという無意識な意味が込められているのではないか」と話している。

 柴崎講師らは、神経細胞にあって熱を感じるセンサーの役割を果たすタンパク質「TRPV2」に注目。マウスなどの細胞を使った実験でTRPV2があると、TRPV2をなくした細胞に比べ、刺激を伝える神経の「突起」という部分が長く伸びた。

 「さする」行為と同様の刺激を与えるため、TRPV2がある人間の神経細胞を載せた膜を引っ張ると、細胞が反応することを確認。TRPV2が物理的な刺激を受け止めるセンサーの役割を果たし、人間でも突起が伸びて神経が再生するのを促していると考えられるという。

 将来、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞などを使った再生医療技術と組み合わせると、効果的な神経再生に役立つ可能性があるのではないかとしている。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)との共同研究

「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分(産経新聞)
2月の対象者、2カ月連続減=雇用助成金(時事通信)
【from Editor】邦夫さんたち、違うだろう(産経新聞)
神教組基金 北教組と類似性 詳細不明「公金でない」(産経新聞)
鉄工所社長か、コンテナ内で死亡=「殺された」と110番−北九州(時事通信)
posted by オカノ ヒデヒコ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。